blog index

COFUNE

Community FUREAI Net (コミュニティふれあいネット) 管理人のブログ
東日本大震災追悼キャンドル
0
     3月11日午後、元町ふらっとサロンに行きました。会場アミュー6階の廊下でばったり会った知人から、今晩東日本大震災追悼のキャンドル燈火があると聞かされました。午後6時清瀬駅北口りそな銀行前だけの情報だけでしたので、そら君の散歩がてら時間に遅れまいと急いで出かけました。汗
     6時は関係者が集まる時間だったのですね。八百屋さんで買い物をしたりと時間をつぶしているうちに駅の方にほのかな灯りが。風が冷たい日でしたが、ろうそくの火はガラス瓶に守られ静かにゆらめいていました。募金をして下さった方に献灯していただくそうで、写真を撮らせていただいている間にもロータリーの曲線に沿って、キャンドルの灯は1本2本と増えていきました。ろうそくの本数は、東村山警察署に道路使用許可をとる際100本と申請したそうです。残念ながら100本灯るまでそこにいることはできませんでしたが、100本灯った光景を想像しつつ、このようなイベントが清瀬でも実施されたのは福島出身の私としてはとても嬉しいことでした。四葉のクローバー

    | cofune管理人 | 温かい話 | 20:34 | - | - | - |
    ハイビスカス
    0
       昨日、70歳代の女性からハイビスカスとベラルゴニウム(初めて聞く名前)の挿し木をいただきました。秋晴れの気持ちの良い日。開け放たれた窓の向こう、ベランダに置かれた鉢植えのハイビスカスの立派なこと。室内の観葉植物も手入れが行き届いて立派なのですが、11月なのに蕾までつけているハイビスカスに目がいって、「素敵ですね、どうしたらこんなに大きく育てられるのですか」とたずねたところ、「大きくなりすぎて切らなくちゃならないから、持っていって」と、しかも貴重な蕾のついた枝を切ってくれました。仕事で来ているので丁寧にお断りしたのですが、すでに行動に移しており、結局、ハイビスカスの他にベラルゴニウム(ゼラニウムの仲間)まで頂いてきてしまいました。ハイビスカスは「すぐにつくから、花が咲き終わったら鉢に植えてね」と。水に入れたままでは土に植える前に生花のように枯れてしまうのでは・・・半信半疑で花瓶に入れたところ、翌日、見事な花を咲かせました。知っていたのですね。花が咲く頃合いを。言葉数が少ない方ですが「ベラルゴニウムはいい匂いよ」と、私の鼻の近くまで差し出して匂いの強いゼラニウムとの違いを教えてもくれました。フリルになっている葉の上に、どんな花が咲くのか今から楽しみです。「枯らしたら、どうしよう」と言うと、「その時は、また訪ねてきてください」と。外に出るのがなかなかできない方なので、趣味を話せるお友達、一人二人と増やしていってほしいと願っています。
        
      | cofune管理人 | 温かい話 | 20:37 | - | - | - |
      ホットする会さんの豆まき
      0
         ピース団体会員「ホットする会」さん から、『新宿中央公園滝の広場前で、野宿している方たちを対象に節分祭をします』という案内をいただきした。幸い予定は入っておらず、初めて参加しました。衣装ケースのような大きな透明の箱数箱におにぎりがぎっしり。まだ温かさが残る2種類のおにぎり2個を一つの袋にいれるのを手伝いました。準備の間に野宿の方々が集まってこられ、さあ開始。三角の小さな袋に入った豆を「福は内」だけ叫んで撒きました。拾えてない方には手渡ししました・・・今年は福が舞い降りて路上から屋根の下に行けますようにと願いながら。 
         
         
           
         さて、つぎにおにぎり配りの手伝い。その横には、なんと大きなビニール袋に入れられた具だくさんのトン汁が、発砲スチロールの箱に守られてまだ湯気を立ち上げていました。おにぎりをいただく直前、目の前でよそってもらうトン汁は温かくどれだけおいしいことか・・・。箱の蓋に「むらさき会」とマジックで書いてあるのに気が付きました。  
         むらさき会は、清瀬市野塩にある老人会です。ホットする会はむらさき会と一緒におにぎりをつくっているのです。数日後、ホットする会代表から豆まきの時の写真をいただきました。その中におにぎりを握っているお写真がありましたので紹介させていただきます。むらさき会さんとのコラボレーション、素敵な活動ですね。これからもよろしくお願いします。
        | cofune管理人 | 温かい話 | 15:00 | - | - | - |
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        bolg index このページの先頭へ